初めて青色申告を行なう個人事業主におすすめの無料ソフトならコレ!!

青色申告での特別控除65万円は個人事業主にとって、やはり魅力的。

2015年度からは白色申告も記帳が義務化されましたので、以前より青色と白色との差はなくなりました。

それならば多少の手間をかけても65万円控除のある青色申告の方が賢明な選択と言えるでしょう♪

私自身も実際に青色申告の個人事業主だった時期がありますが、やはり初年度は作業が大変でしたね~(汗)

簿記3級レベルの知識はあったのですが、いざ仕訳をしてみるとなかなかスムーズにはいかないもんです。

良くわからない処理はネット検索したり、Yahoo!知恵袋なんかを見てなんとか提出までこぎつけました。

その時使っていた青色申告用のソフトは『弥生の青色申告』。確かバージョンは09年でしたね。
パッケージ版をビックカメラで14,000円くらいで買った気がします。

弥生シリーズはさすがの老舗だけあって、操作性に優れており初心者でも比較的簡単に入力が可能な点が良かったです☆

ですが、今私が青色申告用のソフトを選ぶとするならば、パッケージ型の弥生会計ではなくクラウド型の、

『やよいの青色申告オンライン』

を選択するでしょうね♪

クラウド型というのは、パッケージ型のようにPCにインストールするのではなく、ネット上でサービスにログインすればいつでもどこでも利用出来るというサービス

2013年くらいから徐々にシェアを伸ばし始め、会計ソフト業界の風雲児的な存在です♪
これまでクラウド会計の大手というと『freee』『MFクラウド会計』がメインだったのですが、2014年の後半に弥生がついに参入しました。

長年会計ソフトを提供し続けてきた老舗のノウハウに加えて、最新のクラウド機能を搭載したソフトが『やよいの青色申告オンライン』という訳です☆
銀行やクレジットカードの明細を自動で取得して仕訳してくれますし、Mac(マック)にも対応済み

さらに弥生シリーズ特有のわかりやすい操作機能に加えて、

初年度1年間(最大14ヶ月間)の無料キャンペーン!!

をリリース記念で実地しています♪(2018年3月15日(木)まで)

個人的におすすめのプランは通常年額8,640円のセルフプラン。2年目以降からは利用料金が発生しますが初年度ならば完全無料で利用可能です!!
もちろん全ての機能を使えます。(電話/メールサポートと税務相談は上位のベーシックプランのみ)

今年はじめて青色での確定申告を行なう個人事業主に、自信を持ってオススメ出来るソフト!!と言えるでしょう☆(詳細・申し込みは↓のバナーからどうぞ♪)

 

 

その他の記事はコチラ

NPO法人向けの会計ソフトについて

中小企業向けの給与計算ソフトでおすすめは何ですか?

中小企業向けのマイナンバー管理ソフトでおすすめは何?

自治会やサークル等の非営利コミュニテイ向けの会計ソフトは何がある?

弥生会計16シリーズが販売スタートしています!!

クラウド?パッケージ?会計ソフトの種類について整理してみました☆

会計ソフト関連の資格って何があるの?

【2015年度版】クラウド会計ソフト各社のシェア状況は?

クラウド版の弥生会計オンラインがリリース!!

会計ソフト各社のWindows10対応状況について

MFクラウド会計が他社ソフト乗り換えキャンペーンを開催中です!!

2015年度の確定申告がスタート!!MFクラウド会計とfreeeはサポート強化中です☆

弥生オンラインの現在開催中のキャンペーン情報

クラウド会計ソフトに向いている業種は?大手3社の導入事例から考察

MFクラウド会計の現在開催中のキャンペーン一覧

2016年に初めて青色申告を行なう個人事業主におすすめの無料ソフト

Mac(マック)でも使えるおすすめの会計ソフトって何?

個人事業主向け!!私が行っていた青色申告の作業工程

スマホやタブレットから入力可能なクラウド会計ソフト一覧

個人事業主におすすめ!!初心者向け用の会計ソフトについて

『RUCARO』というプライベートクラウド会計ソフト

弥生会計のデータ移行が可能なクラウド会計ソフトとは?

新制度の白色申告の記帳義務におすすめのソフトはコレ!!

2014年のクラウド会計ソフトの市場シェア状況

小さい飲食店におすすめの会計ソフトって何があるの?

自社でどこまで経理会計業務を行なうか?

【2015年12月版】人気のクラウド会計ソフトを徹底比較してみました

法人税申告書まで作成出来るクラウド会計ソフトってあるの?

美容室におすすめの会計ソフトとは?

 


初年度無料キャンペーン中☆通常年額8,640円が0円に♪『やよいの青色申告オンライン』↑

このページの先頭へ