建設業向けの会計ソフトでおすすめは何がある?

日本国内の建設業許可業者は47万以上もおり、これは他国と比べても非常に高い水準とのこと。
それだけに建設業向けの会計ソフトの需要も大きいのは当然のことでしょう。

建設業向けに作られた会計ソフトは建設業独自の勘定科目が最初から設定されていたり、工事の原価や進捗管理等の機能が搭載されています。
下記に当サイトがリサーチしたオススメの土木建設業向けの会計ソフトを掲載していますので、ソフト選びのご参考にしてみてください♪

建設大臣NX
●ソフトの特徴
振替伝票の入力だけで様々な帳簿を自動作成
・建設業独自の機能を完備
・直感的に操作出来るインターフェイス
・経営事項審査&工事進行基準に対応
・出面管理&共通費の自動配賦機能
・手形や売掛&買掛金管理機能も
・ソフトの無料体験会

●価格は?
・最も安い建設大臣NX会計編で60万円(税抜)
・建設大臣NXは80~367万円(税抜)
・建設大臣NX Superは100~402万円(税抜)
・拡張性のある建設大臣NX ERPはオープン価格

URL:http://www.ohken.co.jp/product/kensetsu/
販売会社:応研株式会社

勘定奉行i10(建設業編)
●ソフトの特徴
・建設業特有の管理機能を搭載
工事原価管理機能が充実
・カスタマイズ機能で自社に適した工事台帳を作成
・間接費配賦処理機能
・工事別の予算管理が可能
・完成時の工事原価への振替自動化
無料体験版あり

●価格は?
・スタンドアロンモデルは64万円or75万円(税抜)
・ネットワークモデルは3ライセンスで198万円から
・ERPモデルは応相談

URL:http://www.obc.co.jp/click/bugyo-i/kensetsu-i/
販売会社:株式会社オービックビジネスコンサルタント

PCA建設業会計V.7
●ソフトの特徴
・建設業特有の項目&機能を搭載
工事進行基準に対応
・自動仕訳機能で効率UP
・変わる消費税率の自動判定機能
・請負工事の経過措置への対応機能

●価格は?
・スタンドアロンモデルは25万円(税抜)から
・ネットワークモデルは73万円(税抜)から
・SQLモデルは73万円(税抜)から

URL:http://pca.jp/area_product/proken.html
販売会社:ピーシーエー株式会社

●弥生会計は使えないの?
パッケージ型の会計ソフトではシェアNO.1を誇る弥生会計を利用したい!!という建設業の方も多いかと思います。
弥生会計では上記のソフトのように建設業向けという製品はないのですが、建設業向けのデータテンプレートが存在します
未成工事受入金/支出金等の建設業独自の勘定科目が追加されているので、弥生会計で利用する場合は利用するのが良いでしょう☆ >>弥生会計17のデータテンプレート

経理担当者が複数いる程度の規模の建設業者ならば、建設大臣や勘定奉行等の専用ソフトを使うのが効率的でしょうが、いかんせん導入コストはそれなりに高額です。
個人的には一人親方レベルや小規模でやっている建設業の方ならば税理士との連携等の面やネット上の情報の多さ、コスト面等から弥生会計の専用データテンプレートでも問題ないかと思います。

最近話題のfreee(フリー)やMFクラウド会計等のクラウド会計ソフトでの建設業の導入ケースを調べて見ましたが、ちょっと見つけることが出来ませんでした。
勘定科目を独自に設定すれば可能でしょうが、まだ建設業で導入している事業所は少ないような印象です。追加情報がありましたが随時更新していきます。

その他の記事はコチラ



初年度無料キャンペーン中☆通常年額8,640円が0円に♪『やよいの青色申告オンライン』↑

このページの先頭へ