MFクラウドが応募者全員に2017年版の『MFクラウド確定申告公式ガイドブック』をプレゼント中です。

2017年に入り、お正月休みも明けたということで今年も確定申告の時期が見えてきましたね・・・(平成28年度分の確定申告期間は2/16(木)~3/15(水)の間)。

個人事業主にとっては通常業務に加えて確定申告周りの作業が入ってくるので、タスクに忙殺される方も多いかと思います。
昨今はクラウド会計ソフトを始めとするクラウドサービス等の発展で経理業務も大分楽にはなったかと思いますが、それでも大変は大変。。

さて、タレントのローラさんのCMでもお馴染みのMFクラウド会計/確定申告が現在個人事業主向けに公式ガイドブックのプレゼントキャンペーンを開催しています!!

Amazon等では通常1,080円で販売されている2017年版の『確定申告を簡単に自動化してラクにする本』がプレゼント対象。
私の手元にも2017年版のモノがありますが、全ページフルカラーで非常に見やすい構成になっています♪


内容としては、確定申告って何?という基本的なことから借方貸方等の帳簿付けの基礎知識、MFクラウドの機能説明や使い方、個人事業主の仕訳に関するTIPS等が掲載されています。

事務所兼自宅の際に経理に出来る割合の話や交際費の線引き、領収書・医療費関連、クレジットカードや電子マネー決済等の個人事業主が確定申告を行う上で悩みがちなポイントが解説されている点は良いですね。


他ソフトから移行した人であればこのガイドブック1冊あれば大丈夫かと思いますが、簿記の知識もなく確定申告も初めて!!という人は簿記3級レベルの入門書を1冊くらい読んでおいた方が良いかと。

基本的な勘定科目も表でまとまっていますが、掲載されていない仕訳のケースもGoogle等で検索すれば大抵の仕訳の情報は見つかると思います。私も個人事業主、法人と帳簿付け&確定申告は毎年行っていますが、仕訳関連の悩みは検索すれば今のところ全て解決出来ています。

仕訳の方法というのは基本的には変わらないものなので、毎年ネット上に情報が蓄積されている感じでこの辺はホントありがたいですね♪とはいえサイトによって見識が異なることもあるので、複数のサイトを参考にしてみて判断するのが良いかと。

さて、MFクラウド確定申告公式ガイドブックプレゼントキャンペーンの対象者に関してですが、

●2016年12月1日以降に有料プランにクレジット払いで初めて登録した方(30日以上継続の意思有)

が対象とのこと。法人は対象外でMFクラウド確定申告に個人事業主として登録されている人限定ですね。
無料プランの利用だけではプレゼント対象にはならないのでご注意を。有料プランであればどのコースでもOKで月額でも年額でもOKとのこと。
特にキャンペーン期限は設けられていませんが、書籍がなくなり次第終了!!とのことですので、今年の確定申告はMFクラウドで、とお考えの方はお早目の応募をオススメします。

>>MFクラウド会計/確定申告の詳細はコチラ


その他の記事はコチラ

確定申告期限が迫っている新人フリーランスにおすすめ!!『freeeで確定申告を1日で完了させる本』

税込540円で買えるやよいの青色申告オンライン対応の青色確定申告ガイドブック

freeeをペイパル決済で1ヶ月分延長キャンペーン中&確定申告期間はサポート強化中です☆

本日から『やよいの白色申告オンライン』が永年無料で利用可能になります

MFクラウドが応募者全員に2017年版の『MFクラウド確定申告公式ガイドブック』をプレゼント中です。

会計事務所向けのクラウド会計ソフト各社のメンバー制度

建設業向けの会計ソフトでおすすめは何?

クラウド会計ソフトに対応している税理士の探し方とは?

学校法人向けのおすすめ会計ソフトについて

歯医者、歯科医院向けのおすすめ会計ソフトについて

ピクシスの会計ソフトの各種割引キャンペーンがお得です☆

弥生会計17シリーズの発売日はいつ?追加機能等の情報は?

部門別会計に対応!!MFクラウド会計とfreeeの新法人向けプランについて

freeeのスキャナ(ScanSnap iX500)のプレゼントキャンペーンは2016年9月9日(金)まで!!

弥生会計の業種別データテンプレートが優秀!!不動産業や医療業、運輸業など10業種に対応☆

弥生会計がスキャンスナップの無償レンタルキャンペーン開始&2016年1月のクラウド会計ソフトシェア


初年度無料キャンペーン中☆通常年額8,640円が0円に♪『やよいの青色申告オンライン』↑

このページの先頭へ