個人事業の青色申告&農業法人にも☆農業経理におすすめの会計ソフトとは?

国内の農業に従事する人々は200万以上。第一次産業として日本人の食卓には欠かせない産業、それが農業です。

兼業でやっている方もいれば家族で専業、農業法人、農業組合法人など、その形態は様々かと思います。
農協などの存在から農業の商取引はちょっと特殊性があるかとは思いますが、農業にももちろん経理等のバックオフィス業務は必要です!!

農業には独自の勘定科目等がありますので、会計ソフトを選ぶ際には専用のソフトか勘定科目を自由に設定可能がソフトが必要となります。

以下に管理人がリサーチした農業用におすすめの会計ソフトを紹介していますので、日々の帳簿付けや確定申告&決算の際等に参考にしてみてだくさい♪

農業簿記9
●ソフトの特徴
農業特有の勘定科目が最初から登録済み
・簡単な質問に応えるだけで初期設定OK
・日々の仕訳を自動転記して各種書類を自動作成
・仕訳は取引内容を候補から選ぶだけ
・決算処理&経営分析機能も充実
JA全中推奨製品
・法人&個人に対応

●価格は?
60.000円(税抜)
・ソリマチクラブの初年度年会費が無料
無料体験版あり

●その他
・農業簿記9と農業日誌V6プラス、ソリマチクラブがセットになった『ファーマーズ・オフィス』も完備(90,000円(税抜))
・オプションでJA取引データ転送システムとクミカンデータ転送システムあり(各10,000円(税抜))

URL:https://www.sorimachi.co.jp/products/farmer/boki/
販売会社:ソリマチ株式会社

らくらく青色申告農業版
●ソフトの特徴
単式簿記形式の入力が可能(複式として処理)
個人の農業青色申告に特化
・消費税計算書も出力可能
・e-Taxにも対応
・手書き帳簿からの移行にも
・法人には未対応

●価格は?
・初年度:8,000円(税抜)
・2年目以降は年間3,000円(税抜)
無料体験版あり

●その他
・ソフトの無料講習会を開催
・農業作業日誌ソフトも完備

URL:http://aoshin.jp/index.html
販売会社:株式会社セーブ

かんたん農業簿記
●ソフトの特徴
・簿記の知識に応じて4種類のソフトが選択可能
農業特有の勘定科目が設定済み
・現金出納帳と預金出納帳への入力だけでOK
・減価償却費の計算を自動化
・消費税の計算にも対応
リモートサポートに対応

●価格は?
・初年度13,600円(税込)~

●その他
・生産者と消費者を繋ぐ産直WEBサービス有り

URL:http://miraisoft.com/?page_id=4308
販売会社:ミライソフト有限会社

以上が有名ドコロの農業簿記専用のソフトになるでしょうか。

知名度のある弥生会計シリーズで農業簿記は出来ないの?という声も聞きますが、弥生会計は勘定科目を自由に設定可能ですので、農業用の会計ソフトとしての利用は一応可能です。
弥生の公式HPにも農事組合法人の導入事例が紹介されていますね。農業専用のデータテンプレートは残念ながらないようですが・・・。

完全無料で使える農業専用のソフトも探してみましたが、なかなかこれといった物は見つけることが出来ませんでした。
ベクターにある『エクセル農業簿記』が良さそうですが、これも完全なフリーソフトではなくマニュアルを購入する必要がありそうですし。

ネットの評判等を見てみてもソリマチならば機能的には文句なさそうですが、ちょっとお値段が張る点がデメリットですね。個人事業の方でリーズナブルに済ませたい方はらくらく青色申告農業版が良いかと。(どちらも無料体験版があります♪)
農業の経理は昔ながらの手書き帳簿の方も多そうですが、昨年から白色申告の作業負担も増加したので、青色申告に対応した会計ソフトを利用しての申告をオススメします☆

その他の記事はコチラ

 

 


初年度無料キャンペーン中☆通常年額8,640円が0円に♪『やよいの青色申告オンライン』↑

このページの先頭へ