法人税申告書まで作成出来るクラウド会計ソフトってあるの?【確定申告】

法人の確定申告をするには決算書に加えて、法人税申告書や法人事業概況説明書、勘定科目内訳明細書等の書類が必要になります。

通常のパッケージ型会計ソフトに搭載されている機能は『決算書作成まで』のモノがほとんど。
確定申告に出す書類を全て作成するには税理士事務所等に頼むか、『法人税の達人』等の法人税申告書専門の作成ソフトを利用する必要があるんですね。

個人事業主の青色申告ならば一つのソフトで確定申告書まで作れちゃうものがほとんどですので、法人の場合はこの点が会計面でのハードルを大分上げているかと

まぁだからこそ法人は信用があるわけですので、この点は許容するしかありません。。

それでこのページで説明したいのは、

法人税申告書まで作成出来るクラウド会計ソフトは存在するのか

という点

ココ数年でクラウド会計ソフトの利用ユーザーは急速に拡大しています!

当サイトランキング上位のMFクラウド会計freeeがその典型ですね。
まず、結論から言ってしまうと、

現時点では法人税申告書を作成できるクラウド会計ソフトは存在しない

(※2017年4月追記:freeeが2017年4月から法人税申告書freeeをリリースしています。ですが会計事務所での運用を前提とした仕様になっている印象ですので、自力で作成したいという方はfreeeとMFクラウド会計の決算書から法人税申告書関連の書類を自動作成してくれる全力法人税等のソフトを利用するのが良いかと)

(※2015年10月追記:現時点でMFクラウド&freee共にNTTデータが提供している「法人税の達人シリーズ」と連携済み。単体での作成は出来ませんが達人シリーズを組み合わせることによって一応対応は可能のようです)

というのが現状です。(※2014年12月現在 管理人調べ

唯一MFクラウド会計のみが『今後対応予定』と公式サイトに記載されていました。

 

MFクラウド会計はクラウド会計ソフトの中でも会計知識のある人向けに作られているので、機能の充実度という意味で税務申告にも対応させていく狙いなのでしょう。

逆にfreee等は税務申告まで対応してしまうとある意味『お手軽さ』が損なわれてしまう可能性があると思うので、個人的には税務申告には対応しないのではないかと思います。

ちなみにMFはクラウド会計は今後『達人シリーズ』に対応していく、とのことですので法人税の達人との連携は期待出来そうです☆

現時点でのクラウド会計ソフトを利用するスタイルとしては、日々の記帳や決算書作成までは自社で申告書作成&確定申告は税理士事務所に頼む、というものになりますね。

まぁこのスタイルが一番無難ですし、税務調査の時も税理士さんと一緒に対応できるので安心ではあります。

ですが売上の少ない零細企業等は税理士に払う顧問料もキツイと思うので、クラウド会計ソフト一つで税務申告まで可能!という機能は需要あると思うんですよね。

クラウド会計ソフト業界の進化スピードは非常に早いので、MFクラウド会計を先駆けに各社サービスも税務申告まで対応させて欲しいモノです♪

その他のクラウド型ソフト関連記事

ページの先頭へ