本格クラウドERPを低コストで導入可能☆『multibook(マルチブック)』

  1. 初期費用10万&月額3万円から利用可能な多言語多通貨対応のグローバル会計ソフトです。
    価格 初期費用10万円~/月額3万円~
    サポート 日本語と英語によるメール&チャットサポート
    無料体験版 -
    運営 株式会社マルチブック
  2. 株式会社マルチブックが提供するERP型のグローバル会計ソフト『multibook(マルチブック)』

    ERP型の会計システムは通常高額な導入コストが発生するものですが、多言語多通貨に対応したERPを月額3万円からという低価格で導入可能!!という点がマルチブックの特徴です☆

    運営元の株式会社マルチブックは日本企業の海外展開コンサルティング等を行っており、2020年までに1万社の海外拠点サポートが目標とのこと。社員全員がバイリンガル以上ということもあり、各種サポート体制にも期待が持てそうですね。

●ソフトの特徴

クラウド型なのでネット環境があればどこでも利用可能
● 日本語と英語での2言語表示に対応
各国の通貨及び会計基準による仕訳・各種財務諸表の出力が可能
● グループ各社の財務諸表の一覧比較表示が可能
● アジア各国の税や商習慣等のローカル要件に対応
● 勘定奉行シリーズとの連携機能
● 現地法人の銀行残高の自動記帳&照合機能
● ユーザーの個別権限設定機能
● 証憑をスキャンするだけで仮伝票を発行可能
● データバックアップ・暗号化・ファイアウォールによるセキュリティ体制

●利用料金は?

初期費用10万円月額3万円~(3ユーザーアカウント)
※詳細は要問合せ

●サポートについて

● メール及びチャットによるサポート完備(日本語と英語の2言語対応)
● 新機能アップグレードは無料
● 他社ERPソフトへの移行支援サポート

 

マルチブックのように多言語多通貨に対応し、中小規模企業が低コストで導入出来るERP型会計ソフトの存在は貴重と言えるでしょう。海外支援コンサルティングの経験が豊富な点もポイントかと。

マルチブックを導入の際は公式サイトに問い合わせフォームがあるので記入&送信後、1~2営業日で返信が来るとのことです。
月1回の頻度でマルチブックの無料紹介セミナーが東京の品川で開催されているので、近場で導入を検討中の方は参加してみてはいかがでしょう♪

『multibook(マルチブック)』の公式サイトへ

ページの先頭へ