法人の決算&申告が一人で出来ちゃう超優れモノのソフト『税理士いらず』

  1. 決算書作成から税務申告の書類作成まで対応した画期的な会計ソフトです☆
    価格

    初期費用:16,200円

    2年目以降:年額5,400円

    サポート メールサポート
    無料体験版 あり(30日間)
    運営 有限会社アイソフト
  2. 有限会社アイソフトが提供する会計ソフト『税理士いらず』
    税理士いらずという名前だけあって、この製品は会計ソフト機能と税務申告ソフト機能が一緒になった製品!!

    はっきり言ってかなり画期的なソフトかと思います。

    法人の決算には決算書に加えて法人税申告書や法人事業概況説明書などの税務関連の書類が必要になってきます。
    この税務申告関連の書類の作成は正直素人ではなかなか難しいのが実情です

    なので企業は税理士や会計事務所に外注するという方法をとっているんですね。ですが、

    『税理士いらず』ならばこれ一つで税務申告書類まで作れちゃう!!

    というワケなんです♪
    通常の会計ソフト機能も搭載しているので、日々の記帳から税務署への書類提出の一連の流れが自社で対応可能となります。

    税理士事務所と契約するとなると毎月の顧問料と決算時の手数料がかかりますので、税理士いらずを導入すれば相当な経理コスト削減になるでしょう

    税理士いらずの価格ですが、これも破格の16,200円(税込)
    上記の価格は新規の購入価格で2年目からはバージョンアップ手数料が5,400円(税込)かかります。

    30日間の無料体験版もありますので、実際に使い勝手を確認した上での導入が可能です♪

    非常に便利な機能と低コストを実現している税理士いらずですが、残念ながら全ての企業に導入可能というわけではありません

    基本的には小規模法人向けのソフトとなります。その規準ですが、

    ●資本金1億円以下&事業所は一つ
    ●税額控除不要&消費税は税込み処理
    ●複雑な申告調整なし
    ●1日当たりの仕分けは500件以下
    ●事業区分が1種類&利益の配当なし

    が目安の条件として挙げられています。

    詳しくは税理士いらずの公式ページの記載と導入ご相談事例集のページを確認してみるのが良いでしょう。上記のような条件があるとしても、クリア出来る法人ってのは結構多いと思います。

    特殊な商売をやっていない限りそこまで複雑な会計処理はいりませんからね。

    また、確定申告書に記載されている関与税理士欄の署名と決算処理の指導及びアドバイスには対応していません
    まぁ自社で申告まで全てやれるというメリットがあるのでこの点は仕方ないですね。

    税理士いらずの導入に向いているケースは、新規で小規模の法人を立ち上げる事業者やこれまで税理士事務所に頼んでいたけどこれからは自社で申告までやりたい!という事業者あたりでしょうね。

    似たようなソフトとして弥生会計と連動している楽々法人税がありますが、新規で導入する場合は税理士いらずの方が便利かと思います。ランニングコストもコッチの方が安価ですし。

    税理士コストを削減したいので税務署への書類の提出まで全部自社でやりたい!という小規模法人にとっては税理士いらずはまさに打ってつけのソフトでしょう♪

『税理士いらず』の公式サイトへ

ページの先頭へ