クラウド会計ソフトに対応している税理士の探し方とは?

これから事業をスタートアップさせようとしている方の中には『クラウド会計ソフトを利用する予定』という人も多いでしょう。

全体的な割合ではまだ会計ソフトを利用していない事業者の方が多いようですが、業務の効率化という面では会計ソフトは必須
中でもクラウド型のソフトは業務効率化に圧倒的なメリットをもたらしてくれるかと☆

スタートアップの時期は本業にリソースを集中させたいですし、バックオフィス業務は少ないに越したことはありません。

ですが個人事業主ならまだしも法人だと、クラウド会計ソフト一つで会計業務を完結することは出来ません

法人の場合は決算書に加えて法人税申告書の提出が必要になっており、クラウド会計ソフト単体ではまだ法人税申告書を作成出来るソフトはありませんので

そうなると税理士との契約が必要になってくるわけですが、どこの税理士事務所でもクラウド会計ソフトに対応している訳ではないのが現実

最近は対応事務所も増えてきたようですが、本腰を入れて取り組んでいる事務所もあれば、片手間でやっている事務所もあるでしょう。
そういった状況の中で『信頼出来るクラウド会計ソフトに対応している税理士』を見つける手段として、

クラウド会計ソフト各社が提供している公認パートナー検索ページがオススメです♪

公認パートナーの資格を持っている税理士ならば、クラウド会計ソフトの知識や運用方法に対しての信頼性が担保されているので、選ぶ際の有益な指標になるでしょう。

このページではクラウド会計各社が提供している公認パートナー検索ページを紹介していますので、税理士選びの際の参考にしてみてください☆

●freee対応税理士の検索ページ

特徴:地域別、業種別、依頼内容別、連絡手段別、アドバイザー別での検索が可能。1~3つ星に分けられた公認アドバイザーのランクを見ることが可能。
URL:https://advisors.freee.co.jp/tax_accountants/search

●MFクラウド会計対応税理士の検索ページ

特徴:検索フォームでのフリーキーワード検索が可能。ブロンズ・シルバー・ゴールドに分けられた税理士のランクを見ることが可能。
URL:https://biz.moneyforward.com/advisors

●Crew対応税理士の検索ページ

特徴:都道府県を選択することによって対応税理士を検索可能。freeeやMFクラウドに比べると登録数は少なめ。
URL:http://www.komonzeirishi.com/ad/cloud/

●弥生オンライン対応税理士の検索ページ

特徴:都道府県別、フリーワード検索、業種、資格、得意分野、対応製品別での検索が可能。クラウド版対応税理士を探すには対応製品別でオンラインにチェックを入れて検索すれば可能。
URL:http://www.yayoi-kk.co.jp/pap/location.do


以上が代表的なクラウド会計ソフトに対応した税理士、会計事務所の検索ページとなります。

freeeとMFクラウド会計の対応に力を入れている税理士事務所が多い印象ですね。
弥生オンラインはサービスとしては後発ですが、弥生会計に力を入れていた事務所がそのままオンラインにも対応していくケースも多いと思うので、今後対応事務所数も増加していくでしょう♪

まずは利用するクラウド会計ソフトを選び、対応税理士の検索ページから条件に合いそうな事務所を何軒かピックアップ、そして面談等を通して最終的な決定を下すのが良いのではないかと。

その他のクラウド型ソフト関連記事

ページの先頭へ